チョコレート辞典

ホワイトチョコレートなのにクーベルチョコレートと呼ばれる理由

クーベルチョコレートの定義は、国際規格によって「カカオバターが31%以上、カカオマスが2.5%以上で、かつその合計である総カカオ分が35%以上含まれているもの」と定義されています。

一方で、製菓用チョコレートとして、ホワイトチョコレートがクーベルチュールチョコレートとして販売されているものがあります。ホワイトチョコレートが白い理由こちらのページでもご紹介した通り、カカオマスが含まれていないためです。しかし、それではクーベルチュールチョコレートの定義に反していないでしょうか。

実際には、厳密に言うとクーベルチュールチョコレートからは定義からは外れてしまうのですが、製菓用のコーティングなどに使われる溶けやすいチョコレートは、慣例的にクーベルチュールチョコレートとして呼ばれています。