チョコレート辞典
チョコレート辞典

普通のチョコレートとクーベルチュールチョコレートの違い

クーベルチュールチョコレートはカカオバターが31%以上、カカオマスが2.5%以上で、かつその合計である総カカオ分が35%以上含まれなければならない、という国際規格があります。(ただし、これは国際的な規格であり、日本で販売されているクーベルチュールチョコレートの中にはこの規格を満たさないものもあります。)

普通のチョコレートとクーベルチュールチョコレートとの最大の違いは、カカオバターの含有率です。
クーベルチュールチョコレートは普通のチョコレートよりカカオバターが多く、つまり油脂の含有率が高いので、溶けるとサラサラになります。

溶けやすい性質を利用して、薄くコーティングをする時に使われます。そのため、製菓業界では一般的にクーベルチュールチョコレートが使用されています。