チョコレートにはなぜ溝が刻まれているのか
チョコレート辞典

板チョコレートにはなぜ溝があるのか

板チョコには、古くからずっと変わらないものがあります。それは、板チョコレートの表面についている溝。溝の部分で割りやすいからだと長年思っていましたが、本当にそうなのでしょうか。

調べてみると、もちろん分けやすい事も理由の一つではありますが、もっとも大きな理由はチョコレートを冷やすため。

製造過程では、熱したチョコレートを型にはめて、最後に冷やす工程があります。冷やす時間を短縮できれば、より多くチョコレートが生産できるため、溝をつけて表面積を増やすことで、効率よくチョコレートを冷やすことができるからなんです。

パッケージや味はどんどん変化していくチョコレートですが、規則的に続く板チョコレートの溝には、こんな秘密があったんですね。同じく銀紙に包まれている理由については、別のページで解説しています。