Gallerガレー

高級感溢れるギフトボックスはいつの時代も女性に人気

ガレーは、ベルギー王室御用達のチョコレートです。植物性油脂、人工保存料、人工着色料を一切使用せずに作られたガレーのチョコレートは、美味しいだけではなく、エレガントなデザインや五感を刺激する先鋭的なアソートセットも世界で人気を博しています。

1976年、21歳の若さでガレーを創業したジャン・ガレー(Jean Galler)は、ベルギーのパティシエの家系に生まれ、祖父が1930年に創業したお菓子店を手伝いながら育ちました。
16歳でチョコレート作りを始めた彼は、スイス・バーゼルでパティスリーを学んだ後は、フランス三大シェフの一人とされるガストン・ルノートルのもとで修行を積みました。そしてベルギーに帰国後、1976年に自分のショコラティエをベルギー・リエージュにオープンしました。

「ひと粒ひと粒、職人が手作りした本物のベルギーチョコレートをより多くの方に味わってほしい」という信念のもと、厳選された素材でチョコレートを追求し続け、ベルギー・リエージュに自分の名を冠したショコラティエ「ガレー」をオープン。1994年には異例のスピードでベルギー国王アルベール2世より「ベルギー王室御用達」に認定された、チョコレート界のエリートです。

正統派のショコラティエ教育を受けたジャン・ガレー ©Galler

正統派のショコラティエ教育を受けたジャン・ガレー ©Galler

ガレーはいろいろな味やフレーバーをセットにした「アソートセット」が多く、チョコレートにあうワインやシャンパンと一緒にプレゼントすると、味の違いを一緒に楽しむことができます。他にも、大勢にまとめてチョコレートを渡したい時におすすめです。みんなでワイワイ味わうことができます。

さらに研究熱心なガレーは、ベルギーでチョコレートと様々な食べ物の組み合わせが楽しめる「コンセプト・ショップ」を他店舗展開しています。Chocolat-Thé、Chocolat-Bar、Chocolat-Passionと名前がついたこれらの店では、紅茶やワインとのペアリングや、新商品のバーを一足先に味わうことができます。

ベルギー・ナミュールのガレー。店内にはティスティングコーナーがあり、様々な味の組み合わせを楽しめる©Galler

ベルギー・ナミュールのガレー。店内にはティスティングコーナーがあり、様々な味の組み合わせを楽しめる ©Galler

ブランド詳細

名前
Galler
ガレー
オリジン
ベルギー
キーワード
 
買えるもの
プラリネ、板チョコレート、クッキー、マカロン、ドリンク等
価格
¥
URL
Galler 公式サイト